上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
061103_0053.jpg

<電動らくらくバリカンで坊主頭にする市川>
息子(中一)が中学入学してしばらく経ったころから、息子の頭を刈っております。きっかけは、だらしない試合をしていた本人と野球部に頭を丸めて気合いを入れ直せという意味で始めました。

じつは私も同じ頃に、父に頭を刈ってもらっておりました。父がしてくれたことを、今度は息子にしてあげたくて(したくて)そうしております。
父の思い出ですが、ホントの床屋さんみたく、一式揃えてきて、バリカンもプロ仕立てのを使っていたように記憶しております。床の間で、新聞紙を敷いて、月に一回くらい、頭をやってもらっておりました。父はだんだんと上達していくにつれて、私だけでは物足りなくなってきたようで、同級生や野球部の後輩の頭を刈るようになりました。思い出すとほんと、心が和みます。なつかしいなあ!

061102_0055.jpg
<機械がいいので、床屋さん顔負けの腕前?>
私達が中学のころは全員強制的に坊主頭だったのですが、今の蒲原中はけっしてそんなことはありませんのでご安心ください。
息子の太一くん、最初はいやがったのですが、いざ坊主にしてみると、似合うんです。本人も気に入ったらしく、また学校での評判もよかったらしく、何度か家庭床屋さんをしております。場所はお風呂です。女性の方は分からないかもしれませんが、坊主頭は楽なんです。アタマもシャカシャカって洗えばすぐ終わりだし、すぐ乾く。ヘアースタイルを気にすることもないしラクラク!
私も中学・高校(野球部)と六年間坊主でした。

銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/77-5fa76df5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。