上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
061003_0052.jpg
 <松原社長と店主市川>

戦国武将上杉氏に由来のある群馬県は上州・藤岡市の松屋酒造様http://www.e-sakaya.com/matsuya/matsuya.htm に 9/16~17とお邪魔させていただきました。
松屋酒造様は年間総生産量が200石(1石=1.8L×100本)もいかない小さな小さなお蔵で、『當選』(とうせん)という選挙時に話題になるお酒がメインの銘柄です。「旨い酒は、基本に忠実であることが一番」をモットーに、10年程前より、出稼ぎの杜氏さんに頼らず、松原三友社長自らが杜氏となって、奥さま、地元の社員さんとともに、まさに“手造り”と呼ぶにふさわしい酒を造っています。

061003_0055.jpg
<松屋酒造さまの店先の趣のある「都初雪」の看板>

機械化が進む昨今の酒造りに逆らって、徹底的に手造りにこだわろうと、機械にあまり頼らず、米洗い・自然放冷等を昔ながらの手法で行っております。本当に「小さな酒蔵」でこそ出来うる酒造りをここでは実践されております。仕込み水は蔵内にある井戸から汲み上げる鮎川の天然伏流水で、長期間の低温発酵によって生まれるお酒は本当にクセがなく、すっきりタイプ!

061003_0048.jpg
<「都初雪 純米吟醸・生」店頭にて撮影>

都初雪 純米吟醸「生」 720ML  \1,470(税込)■限定120本■
http://www.e-sakaya.com/matsuya/matsuya.htm#113201
そんな松原社長が奥さまの愛情をたっぷりと受けながら、丁寧に造り上げたお酒がこの「都初雪 純米吟醸」です。私は飲ませていただき「愛」を感じ取りました。現在「火入れ」と「生」のタイプがありますが、奥さま手作りの夕げをご馳走になりながらいただいた「生」タイプが非常によかったので、こちらを先にご用意したいと思います。クドイようですが、本当にこれは「掘り出しもの」です。 まったくクセというものがなく、さらさらっと本当に水のように、スイスイと飲めてしまうのには、いささかびっくりしてしまいました。

061003_0059.jpg

<奥さまと松原社長>

松原社長は地元のことを本当に愛しております。もちろん奥さまもそれ以上に!!本当にいいなあって思いました。私も将来、松原社長ご夫妻のようになりたいなあって。近くの温泉に入りにも連れっていってくださって、うれしかったです。これこそまさに「裸のおつき合い」ですよね。山をしばらく入って、川に出たところに、源泉に入れるスーパー銭湯のような温泉があって、その源泉の気持ちよさにとろけそうになりました。いいなあ!こんなお風呂が近くにあって!

最後に松原社長に奥さま、本当にごやっかいになりました!この都初雪 純米吟醸「生」は、お酒だけで楽しむというよりは、お料理といっしょにみんなでおしゃべりしながら、食事を愉しむという場面に最高のお酒ではないかと思いました。飲んでいて全く飽きないです。作り手である松原社長ご夫妻を思い浮かべながらこのお酒を今も飲んでる店主市川です。http://www.e-sakaya.com/matsuya/matsuya.htm#113201
銘酒市川 市川祐一郎http://www.e-sakaya.com
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/69-ab022787
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。