上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
020913_0123.jpg
<趣抜群!竹鶴酒造さんの店構え>
江戸時代の竹原は塩田で栄え、「安芸の小京都」と呼ばれるにふさわしい文化の華を咲かせました。その江戸時代の息づかいが聞こえてきそうな町並み保存地区に竹鶴酒造さんはあります。散策には最高です!
映画のロケ地としても脚光を浴び、以前の「時をかける少女」、最近では「花田少年史」の撮影が行われました。

020913_0124.jpg
<威厳のある看板>
すばらしい”芸術作品”だと思います。「清酒 竹鶴」の文字がそのままお酒のラベルに使用されております。このロゴをラベルに使ったセンスには脱帽です。

020913_0128.jpg
<蔵内を案内してくれた石川達也杜氏>
今日ケガからの復帰戦でいきなり4安打したヤンキースの松井選手を思わせる雰囲気が石川杜氏にはあります。別名「酒造界の大魔神」。

020913_0129.jpg
<蔵の上部の空間を有効利用しております>
”座敷わらし”が住んでいそうです。(笑)

020913_0126.jpg
<店先から蔵に繋がる土間の上に掲げられております看板>
うーん、すごいなあ!

020913_0134.jpg
<発送作業中の竹鶴敏夫専務>
昨晩はお疲れ様でした!

020913_0143.jpg
<お酒のラベル貼り作業>
10/2に発売されます「純米原酒 小笹屋竹鶴宿根&大和雄町」の準備を急ピッチでされておりました。本当に美味しいお酒を、またきちんとした製品をいつもありがとうございます!

これをご覧になって飲みたくなった方は↓より(笑)
竹鶴 http://www.e-sakaya.com/taketuru/taketuru.htm

銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/65-59af592c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。