上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/12(日)静岡市清水地区の新人戦敗者復活3回戦と4回戦が昨日に続いて本校・蒲原中グランドで行われました。残念ながら敗者復活4回戦で涙を飲みました。会場校は朝の7時~第三試合終了の夕方近くまでほんと大変です。一年生のみんなお疲れ様でした。

<敗者復活3回戦>
清水四中  0000000 0 
蒲原中   200000× 2

一回裏、二死から4番ユウキ、5番ミナトの連続タイムリーで2点先取。先発ユウリは体調がだいぶよくなってきたのか4回までは安定したピッチィング。さすがに疲れがでる5回、”らしくない”2四球、1死球で絶対絶命二死満塁カウント1-3から粘ってライトフライに打ち取る。ここで押し出しにでもなっていたら、たぶん前日のように逆転されていたと思います。こういうときは野手は絶対エラーで足を引っ張らないことです。

攻撃では2回の一死1.3塁で一番ナオト。3回の一死2.3塁で六番テンタ。5回の一死三塁で四番ユウキのうち誰かが打っていれば非常に楽でした。これからは三番四番であろうとスクイズもやっていかなきゃならないかなと痛感しました。そんなに打てるものではないですものね。でもでも監督にそんなに信用がなくなるようではだめです。監督は自信満ちた雰囲気を打席で醸しだしてもらいたいのです。全員がそうなってくれるよう願っているんですよ。私自身、スクイズやエンドランも大事ですが、強打で返す野球をしたいと思っております。理想なのですが。


<敗者復活4回戦>
清水飯田中 2000001 3 
蒲原中    100000× 1

この試合はなんとしても勝ちたかったです。昨年のチームが春と夏の中体連の緒戦で対戦し、両方とも負け、新チームではリベンジのつもりで迎えました。

初回二死からセカンドの頭を高いバウンドで越されるヒット(なんとかなったかも)、次打者ショートが一塁低投で二死2.3塁。どんづまりのセンター前に落ちるアンラッキーなタイムリーで2点。その裏二死2塁から四番ユウキの左中間ツーベースで1点返す。そのまま決め手を欠き、7回挟殺プレーからのファースト悪送球でやらなくてもいい点を献上。打てませんでした。引っ張りが強すぎ、もっとピッチャー返しを基本としたバッティングを心がけていかなければ、いいピッチャーは打てないです。

日頃の練習からもう一度見直していかなければならないと痛感しました。転がして転がして、ランナーをひとつずつ進めていって、なんとかして1点をいただく。そんな厳しい野球をしていきませんと、上に行くとなかなか勝てないということです。

もう悔しくて悔しくて、堪りません。
選手全員、心構えを変えないと今後、勝てないのがよくわかりました。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/189-23676738
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。