上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/21(日)会場:本校・蒲原中グランド

庵原中  0000021 3 
蒲原中  001002  3 <7回表雨天コールド>

先発テンタは雨の悪条件ながら5回1四球と無失点は立派です。6回から登板のショウ。登板と同時に大雨となってしまい3四球1ヒットで、再度テンタに。かわいそうな登板となってしまいましたので、次回に期待です。こちらの攻撃時には雨が止むのに、敵の攻撃時には大雨で、自陣ピッチャーのボールがすべってしまって・・。6回ミナトの犠牲フライで再度勝ち越しましたが、7回ツーアウトまで取ったところでまた大雨が・・。そこから押し出しで同点に。そこでゲーム終わり。ひどい雨の中をよくやったものだと思いますが残念な試合でした。悪条件こそ、こういう試合に強いチームが本当に強いチームと言えるのだとおもいます。

9/23(祭)会場:静岡・末広中グランド

このダブルヘッダー2試合は9/28から始まる新人戦前の最終調整という意味合いを持つ試合でした。会場の末広中はお浅間さんのすぐそば市内のど真ん中で、いなかの蒲原中とは、環境が正反対といった感じでした。

豊田中  0000100 1 
蒲原中  050000× 5

第一試合、ピッチャー・ユウリ3試合連続の無四球完投。キャチャー・ナオトのキャッチャーゴロ一塁高投で1点を許しましたが実質完封といえるでしょう。それにしてもナオトの好リード・好守はすばらしいです。トップのナオトが塁に出るとほぼ間違いなく得点できるという蒲原中のパターンが出来つつあります。今回は2回の二番エイジが満塁での2塁打が効きました。この回の集中打が見事でした。

末広中  0010000 1
蒲原中  121300× 7 

さて第二試合は新人戦(一日二試合/第一・第三試合)を想定し、再度ユウリ4回・テンタ3回の予定投球回数をクリアしました。この試合、9安打とよく打ったのですが、4回ホソノの体育館直撃の3ランホームラン(第一号おめでとう!)で7-1としたところで、気が緩んでしまったのです。あと一点でコールドなのに!4~6回ずっとランナーをためたのですが、二塁走者マサトが三遊間に抜ける打球に当たってしまったり、同じくマサトが気を抜いて牽制で殺されたりと集中力が無くなってしまっていたのが残念です。一番ナオト、キャププテン・コウキ、ホソノの3・4番の打棒と地味ながらセカンド・ハルミの好守が光りました。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/185-2feded99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。