上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080720_0116.jpg
<入船亭扇治師匠>

7/9、伊豆の長岡にて年4回開かれている「扇治さんの会」へお招きをいただき、旧友とともに行ってまいりました。趣味が落語の私にとって、日頃のストレス解消、リラクゼーションそのものということで、そのお誘いに一つ返事で行かせていただきました。
扇治さんは平成13年に真打昇進、古典落語を軸に独自の新作を発表し、新進気鋭の噺家さんとして今注目を浴びております。今回は扇治さんの落語を楽しんだあと、お料理と日本酒を愉しませていただきました。

080720_0120.jpg
<幽霊の真似、右は扇治師匠>

今回の演目は、鍼(はり)を趣味にしてしまった若旦那とその”実験台”になってしまったたいこ持ちとのやりとりが絶妙の「たいこ腹」と、博打好きな幽霊が登場する「へっつい幽霊」を熱演してくださいました。もうもう大爆笑!最高でした。6月に聴いた扇治さんの「崇徳院」もすばらしかったですが、今回のもさらにすばらしかったです。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/168-2a0a3733
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。