上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/5(土)中体連地区予選・敗者復活戦の一回戦・二回戦が行われ、勝利し、明日の一回戦・二回戦につなぐことができました。まず敗者復活一回戦の相手は清水七中。

○敗者復活一回戦 第一試合 7/5(土)

清水七中 0000000 0 
蒲原中  100001× 2

先発は二年のユウリ。ランナーを出すものの要所を締めて完封。打たれはするものの、なんとか点を取られない粘りの投球でした。よく投げてくれました。あのちっちゃな身体で、あのか細い腕にすごい力が宿っているんですね。

攻撃面ではワンアウト三塁から内野ゴロで二点を取ったことが評価できます。日頃の練習でランナーのスタートの重要性を口を酸っぱくして言ってきた甲斐がありました。きれいなヒットはそれは打つに越したことはありませんが、そうは望めない以上、この戦法は非常に大切なのです。

余談なんですが相手の清水七中は家内(クヰンビーガーデン養蜂組合の娘)の母校です。試合前清水七中ナインが校歌を歌っており、ああ!それっていいことだなあって思いました。少しでも緊張を解くことができればこどもたちの普段の力が出せるのではないかと思います。

○敗者復活二回戦 第三試合

清水一中 00030 3 
蒲原中   4114× 10

先発は三年のエース・リョウヘイ。左腕のものすごくいいピッチャーで、二年時にはある高校からお誘いがあったほどです。その彼が6月に入って全然ストライクが入らなくなってしまったのです。この試合もボール球もその半分がワンバウンドになってしまっていました。本人にもその原因がわからないとのこと。悩んでいるはずです。そんな状態の中、先発させたのですが、一回から三回は四球もありながら、相手のボール打ち等に助けられて無失点だったのですが、四回は大荒れ。四球・死球となってくると守っている野手のリズムも狂いエラーも出てしまい三点を取られてなおも一死一・三塁になったところで、第一試合で投げたユウリに交代。一塁ランナー二盗をキャッチャーのタイチがドンピシャの送球で刺しツーアウト。次打者を抑えてリリーフ成功。その裏4点取ってコールドで勝利。明日も負けられない試合が続きます。リョウヘイ明日はたのむぞ!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://esakaya.blog44.fc2.com/tb.php/164-b0af34a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。