上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてミニコンサートの次はお楽しみの「秋の美味しいワインを楽しむ会2008」。赤白30本用意いたしました。さあおおいに飲みましょう!

誕生日のレイちゃん
<この日誕生日のレイちゃん>
小馬崎達也さんの友人で私達家族の友人である夏信玲さん。彼女はエアーカラン航空にお勤めのフライトアテンダントです。我が家のちびっ子達が大好きなおねえさんです。もうくっついていて離れません。今日がそのレイちゃんのお誕生日だということを小馬崎さんからお聞きし、花束を用意しました。レイちゃん大喜びでしたっけ。静岡・富士川名産のレインボーレッド キウイフルーツワインが写ってます。

市川とレイちゃん
<市川とレイちゃん>
新郎新婦みたいですね。

参加者のみなさん1
<参加者のみなさん>
後列真ん中が小馬崎さん。その右が貞心寺の坂本さん。前列左から二番目が坂本さん奥様。スペインの怪物ワイン「ナバエルス」が写っております。前列真ん中がまるげんの磯部肇さん。その右はかっぱの角田さんご夫妻。

参加者のみなさん3
<ご参加の女性陣>
手前にかしこまっておりますのが箏・篠笛の仲林利恵ちゃん。レイちゃんの肩に手をかけているのが市川の母上。

参加者のみなさん2
<ご存じエイシンフーズの杉浦さんご夫妻と林さんご夫妻>エイシンフーズさんが作る蒲原いわし削りぶしは最高に旨いです。どうぞお試しあれ!

佐藤駿河RC会長ご夫妻
<我が駿河ロータリークラブの佐藤会長ご夫妻>
ご参加ありがとうございました!

吉口さんと飛び入り参加の中村さん
<吉口さんと飛び入り参加の中村さんのセッション>
皆さんが酔いが回ったところで最後に一曲。中村さんはドラマーなのだそうです。吉口さんもうれしそうに真剣です(ヘンな日本語ですが)。ミニコンサートのときよりもこっちの方がノッてるみたいです。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
スポンサーサイト
開演前の準備をする小馬崎達也
<開演前の準備をする小馬崎達也>
11/19(水)、地元静岡は蒲原の貞心寺さんで、「小馬崎達也と秋の美味しいワインを楽しむ会2008」を開催いたしました。おかげさまで定員40名様満員御礼!本当にありがとうございました。すばらしい会場をお貸しくださった貞心寺・坂本様に心より感謝申し上げます。貞心寺さんは本当にすばらしいお寺さまだと思います。地元の自慢のひとつです。

 【出演者】小馬崎達也(桐guitar・久乗編鐘) 
       仲林利恵 (篠笛、能管、箏)
       吉口克彰(琉水鉦、percussion)

 【演奏曲目】「晩鐘の月」~音の中には言葉がある~

 【日時】 11月19日(水) 開場:18:30/開演:19:00

 【場所】 貞心寺 静岡県静岡市清水区蒲原中

開演前その1
<開演前その1>
左から三番目が店主市川の母上です。

開演前その2
<開演前その2>

開演前その3
<開演前その2>
右が箏を奏でます仲林利恵さん。

挨拶をする市川祐一郎
<挨拶をする市川祐一郎>
ふだんはそう滅多に挨拶で緊張をしないのですが、この荘厳な雰囲気で、いつになく緊張しました。

本堂にて
<いよいよ始まる>
オープニングは「月夜風」から。

小馬崎達也とパンゲア
<本堂にて三角の形で演奏>
小馬崎さんに言わせると、これ最高の形なのだそうです。二曲目は私の大好きな曲「草の海を吹き抜けて」。生で聞く音楽はほんとうにすばらしいです。

吉口克彰
<吉口克彰>

小馬崎達也
<小馬崎達也>
ボケてしまいました。暗いところでフラッシュをたかないで撮影するのは難しいですね。どなたか撮り方を教えてください!さて19:10から始まった演奏は20:40終了。いよいよ懇親会「秋の美味しいワインを楽しむ会」です。<続く>

【メンバー紹介】
■小馬崎達也(桐guitar、久乗編鐘)日本伝統楽器、アジア伝統楽器、聲明<しょうみょう>(天台寺門聲明、真言聲明、天台聲明)、アンデス民謡、バリ民族音楽、中近東音楽、舞踏、朗読などの世界各国の民族音楽を直接体験する機会を得たことで独自の作曲法を見いだし、それらの現地の音楽家と共演。これまでに培った西洋音楽と、新たに体験した民族音楽、そして自然との融合を目指している。
日本だけに留まらず、アジアではインドネシア・バリ、ヨーロッパでは、チェコ、ポーランド、イタリア、チュニジア 他、南米では、ペルー、ボリビアなど各国に渡っている。バルカン諸国&トルコ公演2005ツアー、ブルガリア・ソフィア&イタリア・ローマ2006ツアーなどを成功裏に納めた。

■吉口克彰 PANGAEAメンバー(琉水鉦、percussion)82年国立音楽大学打楽器科卒業後、自らの創作した「琉水鉦」をはじめ各種打楽器類を用いて演奏活動を始める。インド、アラブ音楽、フラメンコ等、様々なアーティストと共演。即興音楽を主体とした演奏により瞑想的空間を作り上げている。現在、ギター、邦楽器とのユニット「パンゲア」の打楽器奏者として活動中。

■仲林利恵 PANGAEAメンバー(篠笛、能管、箏)幼少の頃より母・仲林光子から、篠笛(みさと笛)と箏の手ほどきを受ける。篠笛と能管を鳳声晴由、箏を小笠原節、江戸神楽を駒崎豊次、江戸囃子を小林一奏、矢作伸二にそれぞれ師事。1995年NHK邦楽技能者育成会卒業。日本の伝統音楽はもちろんの事、西洋、インドの楽器など、様々な分野の演奏家と共演し、積極的にコンサート活動を行っている。また、祖母である鈴木いね子(現在99歳)が創立した「箏曲七声楽院」の3代目として2代目仲林光子と共に後進の指導、学校公演等で活動している。

※小馬崎達也使用の「みしま桐ギター」について
福島県(奥会津)三島町の特産である”みしま桐”に魅せられ、桐を使ったギターを製作。現在の演奏活動にメイン使用しています。和楽器では、琴の材料として知られていますが、曲線の多いギターに使用することは、ギター職人泣かせだったと言われています。ギターの材質は、硬質であることが常識とされていますが、木肌の柔らかい桐は、その常識を覆し、素晴らしい音色を響かせています。張りがあって、伸びがあり、そして、何処か懐かしい響きのギターです。

※久乗編鐘について
仏具のおりんで聲明の基音とする為の、十二律(十二音階)の音をつくり出しました。この十二音階は、雅楽の音律にも使われております。 音階につくったおリンを、中国の古代楽器である編鐘のように架にかけて「久乗編鐘」が誕生しました。おリン独特の音色がたまらなく不思議な楽器です。 西洋の鐘の音は、天に向って飛翔し高らかに鳴り響く感じですが、日本の鐘やおリンの音は、対照的に地を這って響き、人々を静かに包み込む音のようです。どことなく、温かく優しく何かに護られているような感覚に包まれ、心の底に響く心地よさを感じていただけるのではないでしょうか。感謝する・手を合わせる・祈る・・・・そんな気持ちにさせる楽器なのでしょう。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
叙勲記事
11/3文化の日におきまして、日頃から「国産天然蜂蜜」におきまして皆様にご愛顧をいただいております私店主市川の家内の父、義父でありますクヰンビーガーデン養蜂組合組合長・鈴木 勲が”旭日双光章”という勲章をいただきました。親族一同、本当にありがとうございました。皆様方のおかげと存じ、感謝申し上げます。 銘酒市川蜂蜜 ←詳しくはこちらを

お父さん受勲
<燕尾服姿のお父さん>

旭日双光章
<旭日双光章>

11/13に皇居にて授章式(正式名はなんていうのかわかりません)があり、家内の姉・妹と父が行って参りました。家内の母は昨年5月に亡くなり、この名誉ある式に同席できなかったことがとても残念に思います。生きていればおかあさん、喜んだのになあ!
お父さん、本当におめでとうございます。この授章で最後ではありません。まだまだこれからですよ!がんばってください!

市川祐一郎 銘酒市川
グランドに出た松井選手
<グランドにに出た松井選手>
トロント・ブルージェイズの本拠地ロジャースドームです。19:07のプレーボールまでまだ一時間以上あります。一塁ベンチの一番前に行って、ヤンキースのバッティング練習を見ました。この日、ケガから復帰した松井選手を近くで見ることができました。

ゲージの後ろで素振りをする松井選手
<ゲージの後ろで素振りをする松井選手>
メジャーのバッティング練習を始めて身近で見ました。コーチがマウンドのもの凄く前(3メートル以上前)から投げるボールを選手はまるでピンポン玉のようにはじき返しているのです。それも全部芯で!(当たり前ですけど)。すごく前から投げることが実際のピッチャーが投げるタイミングと同じくらいになるのでしょう。

A・ロッド
<スイングをするA・ロッド>

ジーター
<キャッチボールをするジーター>

走るA・ロッド
<走るA・ロッド>

ヤンキース バッティングゲージ
背番号13がA・ロッドです。その後ろが松井選手です。

デーモン
<デーモン>

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
CNタワー3
<トロントのシンボル CNタワーです>
8/20 お昼前にトロントに到着し、お昼過ぎにホテルにチェックインし、遅い昼食をステーキハウスでとりました。明日のお昼には帰国という、たった一日かぎりのカナダ・トロントの滞在です。

Skywalk.jpg
<Skywalk>
ユニオン駅からCNタワー、ロジャースセンターまで続く、地下道。冬季はめちゃくちゃ寒いので、この地下道ができたそうです。

ユニオン駅
<ユニオン駅>
天井が高いです。なんでこんなに高いのでしょうか?

ロジャースセンター
<ロジャースセンター>
この中にトロント・ブルージェイズの本拠地ロジャースドームがあります。

ロジャースドームの外
<ロジャースドームの外の太一>

開場を待つ人たち
<開場を待つ人たち>
もう二時間以上も前から並んでます。開場と同時に入って、選手のサインを求めるからです。

CNタワー2
<すごい迫力のCNタワー>

CNタワー
<コンクリートすっぴんのCNタワー>
空がきれいです。真夏だというのに、風が高原の風のように涼しいんです。気持ちいいです。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
三日間御世話になったパーマーハウスヒルトンの部屋
<三日間御世話になった部屋>
8/20早朝撮影。男同士、三日間御世話になった部屋ともお別れです。ホテル パーマーハウスヒルトンはとても快適でした。地下鉄には近いし!そうだった。このホテルを選んだ決め手は、シカゴ美術館に近いことだったよな。だけど今回、時間が取れずに、一番行きたかったシカゴ美術館行けなかったのが一番残念でした。次回はじっくり見たいなと思います。8/17~8/20 三泊四日で61,200円でした。高いのか安いのかわかりませんが、便利な立地のホテルでした。

シカゴの早朝 ホテルを出たところ
<シカゴの早朝 ホテルを出たところ>
朝8:25発のシカゴ発トロント行きエアカナダに乗るため、5時起き。6時前の画像だと思います。右奥に地下鉄レッドラインの乗り場が見えますが、空港へ行くにはブルーラインなのです。

地下鉄ブルーライン
<地下鉄ブルーライン>
Monroe駅から空港のある終点O'hare駅まで行きます。画像真ん中のMonroe駅から右に向かって(→)写ってはいませんが終点がO'hare駅です。

トロント ピアソン空港にて太一
<トロント ピアソン空港にて太一>
Flight: AC 502
Departs: Chicago-O'Hare Int'l, IL (ORD) at 8:25AM
Arrives: Toronto-Pearson Int'l, ON, Canada (YYZ) at 10:58AM
Flight Duration: 1 hour 33 minutes
恐竜の化石がありました。ここはフィールド博物館か?

トロント ピアソン空港
トロント ピアソン空港からは192 Airport Rocketという高速バスに乗ってKipling 駅まで行きます。そこから今度はYonge-University-Spadina線地下鉄(電車)でKing駅まで。TTC (public transit system)なのでそのまま地下鉄に乗り継ぎダウンタウンに行けます。それで確か2ドルだったと思います。トランスファーは必要ありませんでした。余談ですが帰りは192 Airport Rocketのターミナル1で下車するのかターミナル2で下車するのかの注意です。

Houston ステーキ
<ホテル斜め前にあったフロントの女性おすすめのステーキハウス「Houston」>

トロントでの宿はホテル ビクトリアというホテルを予約しました。地下鉄から近いはずだったのになかなか見つかりません。かれこれ30分くらい捜したでしょうか?ここのはずなのに、写真の入り口がない。おかしいなあ?と。それもそのはず。入り口の改修工事をやっていて、見えなかったのです。お~い。頼むよ~。勘弁してよ~。そんなわけでようやくチャックインができました。

さて昨日の夜から、ろくに食べていませんでしたので、もう腹ぺこ。今晩も野球なので、夕食もたいしたものしか食べれないと思いましたので、思いきって、評判のステーキを食べに行きました。せっかく来たのですから、お肉くらいは食べていかなきゃ土産話にもなりませんから。
ステーキの上にチーズとオニオンものせててもらいました。旨かったです。ペロッと食べてしまいまいた。前菜に頼んだオニオングラタンスープは安くてたくさん入ってて、バカ旨でした。


<a href=

ステーキレストラン Houston
のステーキ>
撮影する太一。私はワインを二杯飲んで、サラダも食べました。久々に満腹になりました。今晩8/20
19:07プレーボールです。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川

8/19 さて、シカゴ名物のデープ・ディッシュピザを食べたあとも、太一の買い物です。スポーツオーソリティという大きなスポーツ店でなにやら買っていたようです。出発前におばあちゃんよりお小遣いをもらったので、懐が温かいようです。

外から見たリグレーフィールド
<外から見たリグレーフィールド>
シカゴ・カブスの本拠地 リグレーフィールドはボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークに次ぐ、大リーグでは2番目に古い球場です。地下鉄レッドライン Addison駅を降りたらすぐにあります。

試合前のリグレーフィールド場外の様子
<試合前のリグレーフィールド場外の様子>
試合開始は19:05。なぜこんなに中途半端な時間にプレーボールなんでしょうか?知ってる方、教えてください。球場の周りはカブスカラーのブルーが目立ちます。

カブス対レッズ
<8/19 カブス対レッズ>
さあ、いよいよゲームが始まりました。席はライト側のBLCHR席$45。この球場でのゲームは全米でも二番目にチケットが手に入りにくいそうです。ですのでけっこう高いです。ちなみに一番チケットが手に入りにくいのはボストンレッドソックスのフェンウェイ・パークです。こちらも根強いファンと球場の収容人数が少なく(39345人)、あっというまに売り切れになるそうです。

ライト 福留選手
<ライト 福留選手>
この日は1本ヒットを打ちましたが、調子があまりよくないかなと見受けました。

ライト・ブリーチャーから見たリグレーフィールド
<ライト・ブリーチャーから見たリグレーフィールド>
この球場の照明は暗いです。ですのでほとんどのゲームは昼間のデーゲームで行われます。

ライト・ブリーチャー席からの熱狂的応援
<ライト・ブリーチャー席からの熱狂的まカブスの応援団>
右は太一。カブスの帽子を被ってます。あと一人コール!超盛り上がり!!

カブスの応援はまるでアメリカの阪神だ!
<カブスの応援はまるでアメリカの阪神だ!>
この試合カブスがレッズを5-0で下しました。すごい歓声!勝ったときにだけ、歌える「カブスの歌」がイイ感じでした。ウ~ン、本場で味わう本拠地ホームの勝利は格別ですね。それにしてもカブスファンはすごいです。(続く)

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
左がウォータータワー
<左が有名なウォータータワー。右の高いビルはジョン・ハンコック・センター>
ウォータータワーはその名の通り、町の給水塔としてミシガン湖の水を汲み上げ、市内の各世帯に供給していた。その役目のおかげで町の大半を焼き尽くした1871年のシカゴの大火で唯一焼け残った公共の建造物だ。シカゴの大火の生き残り証人としてウォータータワーは町のシンボルとなっている。
ジョン・ハンコック・センターは100階建て、高さ343Mとシカゴでは三番目の高さのビル。

ナイキタウン1
<ナイキタウン>
太一の買い物に付き合いました。買い物は疲れます・・・。

ナイキタウン2
<ナイキタウン>
私に買う物はありませんでした・・・。

マクドナルド50周年記念店
<マクドナルド50周年記念店>
マックはシカゴ生まれなのだそうです、その50周年記念店舗がここマグニフィセントマイルのはずれにありました。手前はハードロックカフェ。

ジノス・イースト・ピッツェリア
ジノス・イースト・ピッツェリアでシカゴ名物のディープ・ディッシュ・ピザを食べた>
Gino's East Pizzeria(ジノス・イースト・ピッツェリア)はシカゴでは有名です。太一の買い物が長くなり、二時ころに入店。 大きさがわからないので、一番小さいサイズのを2つ。と言ったらお店のおねえさん曰く「ムリムリ、やめといたほうがいいよ。一つで十分だから」と。そんなわけで一番小さいサイズのを1つ注文すると、「30分だか40分待っててね」と言いました。たしか14ドルだったと思います。★そのメニューです。 その間、地元地ビールを2杯。太一はコーラだかスプライトだかを頼んでました。アメリカではソフトドリンクは何杯飲んでも1杯分の料金でOKなのです。

ジノス・イースト・ピッツェリア2
すごいボリュームだ。でも旨い!トマトソースとチーズが絶妙だ!ハフハフと一つ目はあっという間に食べてしまった。さあ二つ目だ。二つ目に入り、途中までいいペース。しかし、そのボリュームにだんだん飽きてきてしまった。最後は根性で完食。間違っても1人1つは頼まないように!こりゃすごいカロリーです。こんなすごいのを食べているアメリカ人は、さすがに太るわけです。

市川祐一郎 幸せの酒 銘酒市川
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。