上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.gif


第11回「幸せのお酒の会 in Yokohama」を開催いたします。
  http://www.e-sakaya.com/event/event.htm

【日時】 12月2日(日) 

【タイムスケジュール】
  開場:16:30
  開演:小馬崎達也&PANGAEAコンサート 17:00~18:00
  お酒の会(「正雪」望月社長を囲んで):18:00~20:00
  最後にアンコール演奏もあるかも?

【場所】 旬菜や「くらち」
     http://www.kurachi.yokohama.walkerplus.com/
    横浜市神奈川区鶴屋町2-12-6 鶴屋町第一ビル1F
        TEL 045-311-9494
【地図】 http://www.kurachi.yokohama.walkerplus.com/coupon.html

 JR横浜駅西口から徒歩2分。横浜駅とモアーズの間の道を進み、川を渡り
 1分くらい歩くと、右手にあります。

【会費】9,500円(税込)<コンサートとお酒(正雪)・食事(京懐石コース)>
    ※コンサート終了後、お酒の会(パーティー&食)となります。
  ※素敵なお土産もご用意しております。お楽しみに!

【ゲスト】
●「正雪」醸造元 神沢川酒造場 望月正隆社長
   http://www.e-sakaya.com/shosetu/shosetu.htm
●小馬崎達也&PANGAEAのみなさん

【お酒】正雪の秘蔵酒・限定酒をヒヤ・ぬる燗などで満喫したいと思います。

【お申込みは】 http://www.e-sakaya.com/event/event.htm

【締切】11月30日(金)

【小馬崎達也&PANGAEAコンサートの内容】   
 第五章「森との約束」~音の中には言葉がある~
    http://www.mt8.ne.jp/pangaea/

小馬崎達也 (桐guitar、久乗編鐘)、佐藤美穂(コントラバス)
仲林利恵 (篠笛、能管、箏)、吉口克彰(琉水鉦、percussion)

※小馬崎達也(HP) http://www.mt8.ne.jp/pangaea/

061118_0012.jpeg

<ギタリスト小馬崎達也さん>
今回は趣向を変え、お酒を片手に、ギタリスト小馬崎達也さん&PANGAEAのミニコンサートを、約一時間ほど楽しんだ後、日本酒「正雪」でおなじみ神沢川酒造場の望月正隆社長とともに銘酒「正雪」と京風懐石コースをいただきたいと思います。

店主市川が大好きな小馬崎さんそしてPANGAEAの皆さんの心の奥に染み入る
すばらしいの音楽をひとりでも多くの方々に聴いていただけたらと、また友人でもあり尊敬すべき蔵元・望月正隆社長の「正雪」の秘蔵酒・絶品酒をみんなで飲めたらいいなと思い、このような企画をさせていただきました。
小馬崎さんは数度に渡る東欧諸国・アジア公演を経験なされた国際的アーティストのひとりで、また日本の名だたる寺院仏閣とも親交がおありになられます。

shosetu_pre.jpeg

<「正雪」神沢川酒造場の望月正隆社長>
ぜひ、小馬崎さん、PANGAEAの皆さん、そして「正雪」の望月正隆社長を囲んで、皆様といっしょに、おいしいお酒とお料理を味わいながら、いつものように心から楽しめるひとときをすごせればと思います。”良き出会い”が楽しみです!

多忙中とは存じますが、ぜひお時間を作ってくださり、奥様・ご主人様・ご友人様等お誘いのうえ、ご参加いただけましたら幸甚でございます。店主市川、皆さんとお会いできますこと今から楽しみにしております!
日頃の息抜きに、みんなでいっしょに一杯やりましょう!!
お申込をお待ちしております。

DSC_0023.jpeg

【小馬崎達也&PANGAEA メンバー紹介】
http://www.mt8.ne.jp/pangaea/member.html

■小馬崎達也(ギタリスト/桐guitar、久乗編鐘、作曲家)
八ヶ岳を間近に臨む清里高原に住み、自然の持つエネルギー感や、世界各地の
民族音楽研究の影響を反映した楽曲の創作活動、演奏活動を行っている。

日本伝統楽器、アジア伝統楽器、聲明<しょうみょう>(天台寺門聲明、真言聲明、
天台聲明)、アンデス民謡、バリ民族音楽、中近東音楽、舞踏、朗読などの世界
各国の民族音楽を直接体験する機会を得たことで独自の作曲法を見いだし、
それらの現地の音楽家と共演。これまでに培った西洋音楽と、新たに体験した
民族音楽、そして自然との融合を目指している。
その活動は日本だけに留まらず、アジアではインドネシア・バリ、ヨーロッパでは、
チェコ、ポーランド、イタリア、チュニジア 他、南米では、ペルー、ボリビアなど
各国に渡っている。2005年はバルカン諸国&トルコ公演2005ツアーを成功裏に
納める。'91年より小馬崎達也&PANGAEA<パンゲア>を主宰し活動を始める。
小馬崎達也プロフィール http://www.mt8.ne.jp/pangaea/works.htm

■吉口克彰(琉水鉦、percussion)
82年国立音楽大学打楽器科卒業後、自らの創作した「琉水鉦」をはじめ各種
打楽器類を用いて演奏活動を始める。インド、アラブ音楽、フラメンコ等、様々な
アーティストと共演。即興音楽を主体とした演奏により瞑想的空間を作り上げて
いる。1997年、自己のグループ 「サムサラ」で「睡蓮の花の上で」を発表。
現在、ギター、邦楽器とのユニット「パンゲア」の打楽器奏者として活動中。

■仲林利恵 (篠笛、能管、箏)
幼少の頃より母・仲林光子から、篠笛(みさと笛)と箏の手ほどきを受ける。
篠笛と能管を鳳声晴由、箏を小笠原節、江戸神楽を駒崎豊次、江戸囃子を
小林一奏、矢作伸二にそれぞれ師事。1995年NHK邦楽技能者育成会卒業。
日本の伝統音楽はもちろんの事、西洋、インドの楽器など、様々な分野の
演奏家と共演し、積極的にコンサート活動を行っている。
また、祖母である鈴木いね子(現在95歳)が創立した「箏曲七声楽院」の
3代目として2代目仲林光子と共に後進の指導、学校公演等で活動している。

■佐藤美穂(コントラバス) 
1981年愛知県西尾市出身。名古屋芸術大学器楽科卒業。
伊藤 慎、大澤弘の両氏に師事。現在、同大学実技補助員、安城音楽協会会員。
名古屋を中心に、オーケストラ、ソロ、ピアノとのデュオ等、様々なジャンルで演奏
活動中。2007年5月より、 パンゲアに参加。
スポンサーサイト
071115_0003.jpg

<新栄区・百足競争の黄金の?メンバー 当日予選の前に 市川は前から三番目>
10/7(日)我が町、静岡市清水区蒲原地区(旧蒲原町)のスポーツ祭が行われました。今回は我が「新栄自治会」は昨年、トップで来ていた女性陣を受け継いだものの最後に捲られ二位に甘んじ、その女性陣に頭が上がらなかった百足競争で今年とうとうやりました。リベンジしました。やった!優勝だあ!!

071115_0008.jpg

<決勝 第二走者の女性陣より今年もトップでバトンを受けスタート!>
いよいよ始まった。ドキドキしながらバトンを待ってました。(度胸のなさに思わず「情けな!」と自分に)やばっ!今年も女性陣一番できてしまったよ。なんとしてもこのまま一位でゴールしたい!

071115_0009.jpg

<第四コーナーを回った!>
「イチ!イチ!イチ!」とかけ声。イチニより合わせ易いのです。
このまま、このまま!!抜かれたら女性陣になんて言われるか?今年も・・・だったら正座・説教かも?「あんたら、しっかり練習してたんかあ」と。

071115_0010.jpg

<やばい!追いつかれそう!>
し、しかし!このまま逃げ切った!!でもやった~!優勝だあ~!!あと5メートル長かったらやばかった。

071115_0026.jpg

<慰労会 新栄会館にて>
盾を持つ市川は満面の笑顔!念願の優勝だあ~!!
たかが「むかで競争」かと思いますが、(よく考えるとほんとそうなんですが)奥が深い!おじさんたち、めちゃ真剣にやっているのです。

銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
071105_0049.jpg

<この夏引退した三年生のみんな>
10/21(日)三年生とのお別れ試合をしました。中体連の時より上手くなってて、びっくりしました。プレッシャーから解放されてのびのびしたからでしょうか?みんなといっしょになってボールを追った日々は私にとって一生の思い出です。

071105_0046.jpg

<校舎をバックに現役の一、二年生たち>
みんな明るいなあ!それくらい試合でも元気を出そうぜ!

071105_0047.jpg

<三年マーシーこと大石真史選手>
声のでっかい超存在感のある元気な選手です。いいやつです。

071105_0052.jpg

<蒲原中野球部1~3年生全員集合 総勢31名>
監督の私は後列一番左です。
三年生のみんな高校へ行ってもがんばれ!その前に受験がんばれ!高校で野球をやると言ったのが四人もいて、うれしいびっくり!

銘酒市川 市川祐一郎 http://www.e-sakaya.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。